【疑問点解決】千葉での葬儀安心ガイド

千葉で葬儀を検討しているなら費用の平均と別途料金を事前に調べておくと安心です。葬儀社は複数候補を出し、見積もりを出してもらいましょう。

千葉で葬儀を営む前に行う死亡連絡と通知の仕方

2020年10月18日 // by admin01

葬儀を営む前には必ず故人の親族や関係者に死亡連絡を行わなければなりません。

有事の際に慌てないためにも、事前に連絡や通知の仕方を確認しておきましょう。

▼死亡連絡の範囲

死亡連絡はすぐに駆けつけてほしい人と、千葉での通夜や葬儀の日程が決まったら連絡する人とに分かれます。

一般的に死亡連絡をする範囲は故人の家族や親族、友人や知人、勤務先や学校の関係者などが主です。

葬儀の日程が決まったら訃報として通知しましょう。

▼死亡通知の例

死亡を通知する際は、以下の内容を通夜や葬儀に参列してほしい人に連絡します。

①故人の氏名

②通夜・告別式など葬儀の日時と場所

③斎場の住所と電話番号

④喪主の名前

死亡通知を電話で行う場合は、最初に「突然の電話で申し訳ありません」と断りを入れ、故人との関係、故人の死亡日時を簡潔に知らせましょう。

その後、葬儀の日程や場所を伝えます。

▼千葉の葬儀前に出す死亡広告とは

故人の知名度が高い場合や交際範囲が広い場合は、死亡広告を出すケースがあります。

これは個別に通知を行うと漏れが生じる恐れがあるからです。

死亡広告は新聞社に出すのが一般的で、作業を葬儀社が代行してくれることもあります。

死亡広告は通夜や葬儀に間に合わせるため早めに新聞社や広告代理店に依頼するか、葬儀社に手配してもらうようにしましょう。

葬儀を滞りなく執り行うためには参列者へのスムーズな死亡連絡が大切です。

いざというときに焦ったり困ったりしないよう、通知をする人をリストアップしておくと安心でしょう。

Comments are closed.